四ツ滝規資のえきべんスタイル教室

家などの不動産価格を査定してもらった後

読了までの目安時間:約 6分

 

家などの不動産価格を査定してもらった後、その業者から再三再四、売却に関してアプローチが来たという人もいます。そんな時にうまく断れず、相場ならどこに頼んでも同じだろうと考えて、比較もせずに漠然と最初の会社に決めてしまったケースも実は少なくありません。でも、それは間違いです。不要であれば断って構わないのです。
営業は競争であり、脱落者が出るのは分かりきったことですし、依頼者が気を遣うことはありません。
最近は一括査定サイトなどで簡単に不動産査定ができますが、個人として会社に査定をお願いするのならば、あらかじめ登記簿謄本を準備しておいてください。
登記簿謄本の入手には手数料がかかるので、古いものでも会社によっては受け付けてくれるでしょう。でも、査定の精度が落ちかねませんから、日付が新しいものを用意した方が良いでしょう。
その他にも、固定資産税評価証明書や権利書の関係も用意しておきましょう。まだローンを完済していない場合、追加でローン残高証明書や土地測量図、建築設計図などの書類も準備しなければなりません。一軒家を売って得た代金から、売却にかかった経費やら購入費やらを差し引き、残ったお金が譲渡所得と呼ばれるもので、課税対象となります。
これを譲渡所得税といいます。この税金は、物件を所持していた期間によって税率が変わり、所有年数が5年以下の短期譲渡と長期譲渡(5年以以上の所有)とでは税率が低いのは長期譲渡の方です。また、物件がなかなか売れず経費がかさんでしまったり、その他もろもろの事情でマイナスとなってしまったときは、ここでも長期譲渡は優遇され、譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例が受けられます。
マンション売却のとき、ただ売るのではなくリフォームをしてからの方が、売却価格が高くなると信じている方もおられるようです。
ところが、一概にそうとは言えないのです。いざリフォームとなった場合、相当なお金が飛んでいきますし、かけた費用を回収できない可能性が生じてしまいます。
実際に住む人次第で合う合わないは違ってくるのですから、リフォームをするぐらいならその分値下げした方がよりスピーディーに売れることも多いのです。購入をためらわせるようなウィークポイントが見当たらない場合、そのまま売ってしまって大丈夫です。
一軒家を売るのに際しては、自分で全てを行うケース以外は契約を行った不動産業者から仲介手数料を請求されます。
仲介手数料は、売買価格の3.24パーセントに64800円を足した額が上限と決まっているため、売買価格にある程度見当がつくのならば大まかな金額を予想することができるでしょう。そして、不動産業者が直接買い取るのであれば、この仲介手数料は請求されません。
さらに、所有権移転登記にあたっての諸費用は買い手側が支払うことになっているのです。
家の良さを体感できるオープンハウスは需要も高く、他のマンションから目移りした買手なども現れて、売却がラクになります。
しかし、オープンハウスの弱点というのもあり、売却するという事実が住民に広く知られることが挙げられます。
エリア内のマンションにも広告が配られますし、当日は立て看板などが立ち、どうしても目立ってしまいますから、売却が決まるまでは近所に知られたくないという考えであれば、導入は慎重になった方がいいでしょう。
一軒家を手離す時に起こるトラブルの中で頻繁なのは、専任媒介契約をしておきながら、不動産業者を介さずに買手をみつけて、好き勝手にその人と売買契約を終えてしまう事例です。
こういう場合は、その不動産業者に宣伝費などのコスト、それに、手数料を合わせたくらいの違約金を請求されるかもしれません。
一般媒介を選んでいれば、不動産業者の仲介以外で買ってくれる人を見つけても、何の問題もありませんし、不動産業者に文句をいわれることもないのです。
ただ、専任媒介契約と比べると、後回しにされがちな印象があります。
一戸建てを売却するには、第一歩として、三社くらいの不動産業者に不動産物件を査定してもらってください。
条件などを考慮して、適切な業者と契約を結びますが、この時、買手を探さずに業者に買い取ってもらう場合もあるでしょう。
といっても、ほとんどの場合は、業者と媒介契約を結び、買い手との仲介を依頼するのが主流です。どうしてかというと、買取のケースでは査定する対象は建物を含まない場合がほとんどで、地価のみになるケースが多いという背景があるからです。
売りたい価格よりも値段が下がってしまうことが一戸建てのケースにはあります。
例えば古い物件では、建物に価値が残っておらず更地にするか、解体する価格を請求したいと、交渉されてしまうことがあります。
意外にも、デザイナーズ物件は通常よりも建築費が高いケースがありますが、売るときにはこだわったポイントの理解がされないため、不服にも相場より価格が伸びない場合があります。
ネット上などで、物件のデータから査定額を算出することを「簡易査定(机上査定)」といい、反対に、物件を直接見て査定することを「訪問査定」といいますが、所要時間も変わることを留意しておきましょう。
簡易査定で結果が出るまでの時間は、最長でも1時間のスピード査定が可能です。さて、訪問査定に必要な時間ですが、実際に担当者が物件をチェックするのは1時間を見積もっておけば十分でしょう。
とはいえ、必要事項を調査するため、各関係省庁へ問い合わせなどの時間を必要とするので、場合によっては1週間近い時間が必要になることがあると理解して、ゆとりを持った計画を立てることをおススメします。

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る